6/9 - WED -

【オンライン会】

GoToイベント対象。日本ワインを巡る旅 〜広島三次ワイナリー〜(小田急まなたび共同企画)

開催終了

【Go Toイベント対象】割引き価格でご参加いただけます。

大人のための「学び」と「旅」をお届けする小田急まなたびとの共同新企画、オンラインワイナリツアー「日本ワインを巡る旅」を開催します。

第三弾となる今回は広島三次ワイナリーを訪問。

今回は数多くの受賞歴を誇る中国地方を代表する日本ワイン「広島三次ワイナリー」。
当日は事前にお届けするワインを一緒に傾けながら、ニュージーランドのワイナリーで働き、リンカーン大学でワイン造りを本格的に学んだ醸造長太田氏をお迎えして、かつてはお土産ワインのイメージが強かった三次のワインを現在の高い品質、評価へと進化させていったお話をお伺いします。

ご自宅からワイン片手に日本ワインを巡る旅に出かけましょう!

今回は予定が合わないという方はメールアドレス登録いただくと次回以降ご案内します。LINEでもご案内しています。友だち追加

Go Toイベント割引適用のため、小田急まなたびサイトからのお申込みになります。

当日ゲスト

広島三次ワイナリー 醸造長
太田 直幸

1969年大阪府生まれ。1997年ニュージーランドへ渡り、ブドウ畑で働き始める。次第にワイン造りに魅了され、
ニュージーランドのワイナリーで働きながら、リンカーン大学で専門的に学ぶ。2012年末に帰国し、
13年2月三次ワイナリーで働き始める。以後、独自のスタイルで新たなワイン造りに奮闘する、期待の醸造家。

ワイン

お申し込みいただいた方には事前にワイン(白・赤の2本セット)をお届けします。

■白ワイン
TOMOÉシャルドネクリスプ

辛口/白 750ml/アルコール分13%

大地を思わせるミネラル感と爽やかな香りのハーモニー。

バナナやパイナップルなどのトロピカルなアロマに、フレッシュな酸味が魅力。「クリスプ」はワイン用語で“爽やか”という意味を表します。大地を思わせるナチュラルな質感とミネラル感があり、クリアな印象。収穫段階で圃場を選別し、発酵の際、ブドウの状態に合わせた酵母を使用。ステンレスタンク発酵。軽やかでさっぱりとした飲み口に仕立てました。
カキフライやお造り、シーフードサラダと一緒にお楽しみください。

■赤ワイン

TOMOÉマスカット・ベーリーA 木津田ヴィンヤード

IWSC 2020(インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション)で“ブロンズ賞”受賞!!

TOMOEマスカット・ベーリーA木津田ヴィンヤード2018
赤/ミディムボディ  720ml/アルコール分12%

毎年高品質なぶどうを育成する三次市の栽培家、木津田礼氏の努力の結晶ともいえる木津田農園で
収穫されたマスカット・ベーリーAのみを使用。
樽香と果実香が入り混じった複雑なアロマに凝縮感のある味わい。

広島三次ワイナリーについて

広島県北部に位置する三次市の東酒屋、上井田、畠敷の3地区の広大な敷地に、自社農園と契約農家の専用圃場が連なります。自社農園では、赤ワイン用の「シラー」、「メルロー」、「ピノ・ノワール」などのヨーロッパ品種を、契約農家では、人気の品種である白ワイン用の「シャルドネ」や日本の品種である「小公子」などを育てています。
各農園で栽培方法が異なり、自社農園では垣根式を、契約農家では伝統的な棚式を採用しています。収穫できる量は、品種や樹の状態、粒の大きさによりさまざまで、例えば、自社農園のピノ・ノワールの場合、1枝に1房と収量を制限しているため、1反あたりの収穫量は500kg。また、契約農家においては、通常9月末から10月初旬に収穫するブドウを、一部10月末まで引き伸ばす「遅摘み」を取り入れています。品種やワインのイメージに合わせた栽培をすることで、より味わい豊かなブドウになるのです。各農園で試行錯誤を繰り返しながら、日々、品質向上に努めています。

ワインの醸造は、簡単にいえば、ブドウを潰して果汁を発酵させるというもの。赤、ロゼ、白、スパークリングと、醸造方法はそれぞれ異なります。造り手は、果実から味わいや香りなどを引き出すため、ブドウの仕分けはもちろん、発酵の温度や時間、使用する樽など、細部にまでこだわって醸造しています。また、三次ワイナリーの醸造現場には、破砕したブドウから果汁を搾る圧搾機、果皮や種子と一緒に発酵させる醸しタンク、発酵を促すステンレスタンク、最新瓶詰作業ラインといった設備も完備。理想の味を追求するとともに、安心・安全なワイン造りに取り組んでいます。

この続きは当日、お楽しみに!

イベント詳細

■イベント日時
6月9日(水)20:00〜21:30

■場所
オンライン。受講URLは、主催のCAMOS TOKYOより開講前日にご連絡いたします

■ゲスト
広島三次ワイナリー 醸造長 太田 直幸

■定員
50名

■参加費
●ワイン2本付き参加費(送料込)
・9,000円→Go Toイベント適用後7,200円
※白・赤2本のワインが届きます(ワインは広島三次ワイナリーより発送いたします。)

●視聴のみ参加費
・4,600円→Go Toイベント適用後3,680円

※小田急クレジットカード会員(OP会員)の方は会員価格でお申し込みいただけます。

■申込締切
2021年6月2日(水)23:59締切

お申込み方法

Go Toイベント割引適用のため、小田急まなたびサイトからのお申込みになります。

■主催
東京ワイン会・日本酒会CAMOS TOKYO

■協力
小田急まなたび
広島三次ワイナリー

■COCOAのご案内
新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)はこちらからインストールください。

Google Play

App Store

 

■Go To イベント事業感染拡大防止対策


イベント概要

  • GoToイベント対象。日本ワインを巡る旅 〜広島三次ワイナリー〜(小田急まなたび共同企画)
  • 日付:
  • カテゴリ: